ねこ紹介の前に


まさかの7匹多頭飼いになった経緯をちょっとだけ・・・


今からさかのぼること8年前―


ご近所のおじさんが4匹飼っていたうちの一匹、

黒猫の「たま」ちゃん(当時10歳♀)が我が家に居候を始めて

飼い主さんの了承を得て我が家のペットとして迎えました

1
とても賢く活発で、よく山や林に入っては

お土産にネズミ・コウモリ・トリを持って帰ってくれていました


20年以上振りのペットということもあって家族で溺愛していたのですが

2015年に体調が急変して

最後に夜に駆け込んだ一番近い病院の先生は手を尽くしてくれたのですが

悲しい結果となりました

唯一の癒しのたまがフッと消え、毎日苦しく悲しい日が続いて

家のどこを見ても たまとの思い出のものばかり


母も憔悴していたこともあり

たまの新しい体を探してあげよっか」 なんて、都合のいいように考えて

里親募集サイトで黒猫の女の子を探すことにしました


そこでハッと目にとまったのが2代目となる「たま


jimo

すぐに連絡を取ると女の子とのこと!


お迎えの準備を進めていると翌日連絡が入って


「ごめんなさいね…もしかしたら男の子かも…」


と言われたけれど、もう性別関係なし!これは何かの縁!

たまだって男の体を楽しめばいいじゃないか!(意味違ってくるか)


速攻高速飛ばしてお迎えに行き、ご対面

抱いて連れてこられる小さなたまに家族で辺りかまわず号泣 ←新尾道駅


こうして家族の一員となりました
5

家の中に 「たまたま!」 と聞こえる生活が再開


そうなんです、この話たった1年前のこと―

ここからなぜか7匹に増えます

続きは次回☆